生命保険の活用

相続対策
相続対策

◆ 生命保険の活用で、次の相続対策の課題に対応!

★ 遺産分割対策➡死亡保険金受取の指定

★ 納税資金の確保➡亡くなられた後に、死亡保険受取人が保険会社に請求することで、速やかに現金の受取でき、納税資金を事前に準備できます。

★ 相続財産の評価対策➡生命保険金の非課税枠の適用で、相続財産評価額を引き下げ、相続税額を軽減する効果があります。


◆法定相続人が取得した生命保険金が非課税枠(相続税法第12条)

500万円×法定相続人の数】

  法定相続人が3人において、保険金の受取人に指定されている人が1人の場合、この1人の人は1,500万円まで非課税で受け取ることができます。
 


◆非課税の適用を受ける前提条件(保険加入の方法)

 

 ■契約者=被保険者で、死亡保険金受取人が相続人の場合
  例えば、父が自分で生命保険に加入し、自分の財産から保険料を支払う。自分が亡くなったら、妻が保険金を受け取る。

★ポイント:保険契約者と亡くなる人が同じ人で、生命保険金の受け取り人を相続人とすれば、 相続税を非課税として、生命保険金を受け取れます。


(非課税枠が適用されない場合)
 ■ 「妻が夫に生命保険をかけて、妻の財産から保険料を支払う。そして父が死んだら、保険金は子供が受け取る」、この場合は、非課税枠はできません。(逆に、贈与税がかかります)






らぽーる相続支援センター

事務局:〒134-0081  東京都江戸川区北葛西2-14-11(行政書士やまと総合法務事務所内)

 TEL:03-5877-6101 FAX:03-3878-3202 

 

初回無料!相続・遺言・シニアライフのご相談は、らぽーる支援センターへ


お電話でのご相談

電話受付時間 

9:00~18:00 (月~土)

※日祝日・時間外も事前にご連絡いただければ、対応可能です。

TEL 03-5877-6101

(事務局:東京都江戸川区北葛西2-14-11)

メールでのご相談

下記ボタンをクリックしてフォームからお申込みください。

 

面談でのご相談

★無料個別相談 実施中!★