リタイア前のライフプラン

年金が定年の60歳から支給されなくなって、今年で丸3年が経ち、平成29年4月からは4年目になりました。 

今年、定年退職する年齢の方は、報酬比例部分(特別支給の老齢厚生年金 支給要件クリアの方のみ)が63歳から、定額部分の老齢基礎年金が65歳からの支給となります。

 

年金支給がある方でも、いわゆる3年間(支給開始年齢の誕生日の翌月まで)は、働いて収入を得なければ、無収入の状態です。


人生の3大資金とは

「老後の資金設計」と「シニアライフワーク」について、皆さんは、どのように、お考えですか? 

60歳を過ぎる頃には、子供も「経済的独立」し、教育費もかからなくなり、また、住宅ローンも完済され、人生の三大資金のうち、「教育資金」と「住宅資金」の2つについては、目処がついた方も少なくないでしょう。

多くの方の関心は、人生の三大資金の最後の一つである「老後資金」では、ないでしょうか?

 

老後資金設計は、50歳代がその時期と言われてますが、「終わり(寿命)がわからない」からこそ、「シニアライフ」のプランニングが難しいところです。

 

また、多くの方が、日々の仕事に追われて、「老後資金設計」について十分に熟慮されない状態で「60歳」を迎えている現状では、ないでしょうか。


老後の資金設計は、どうする?

老後資金設計」には、いつまで続くかわからない「老後という長期の期間」における「収入」と「支出」を予測した「キャッシュフロー」分析が有効です。 

 

老後の収入でみると、「退職金」と「年金」と「退職後の再任用等での給与等」が柱となります。

 

一方、老後の支出は、生活費や住宅費(持家であれば固定資産税・管理/修繕積立金、賃貸であれば家賃等)、水道光熱費・交際費・医療費など、日々の生活に関するコスト、これに加えて、住まいのリフォーム資金・車の維持費・耐久消費財の買替や子・孫の援助、旅行・趣味・娯楽費などが必要となります。 

 

(※ シニアライフには、意外と、資金が必要となります。)







らぽーる相続支援センター

事務局:〒134-0081  東京都江戸川区北葛西2-14-11(行政書士やまと総合法務事務所内)

 TEL:03-5877-6101 FAX:03-3878-3202 

 

初回無料!相続・遺言・シニアライフのご相談は、らぽーる支援センターへ


お電話でのご相談

電話受付時間 

9:00~18:00 (月~土)

※日祝日・時間外も事前にご連絡いただければ、対応可能です。

TEL 03-5877-6101

(事務局:東京都江戸川区北葛西2-14-11)

メールでのご相談

下記ボタンをクリックしてフォームからお申込みください。

 

面談でのご相談

★無料個別相談 実施中!★